中古のマンションが売れない!

中古のマンションが売れない!反応が少ない場合どうするべき?

売り出しを開始しているのに反響が少なく、売れる気がしない!という人いませんか?単にまだ買い手に情報が届いていないだけとも考える事ができますが、もしそうではない所に原因があるとしたら、このまま売り続けても売れない可能性があります。

中古マンションが売れない理由・原因を考える

中古マンションが売れない理由は建物自体にもありますが、売主や不動産会社にある事もあります。これから売れない場合どうするのか?と売れない理由について紹介していきます。

・マンションが商品になっていない
・内覧時の売主の対応が悪い
・価格が高い可能性
・同一マンション内の物件が売られている
・不動産会社が売ろうとしていない
・マイナス面をカバーする意識が足りない

マンションが商品になっていない

まず売り出しを開始しているマンションは商品になっていますでしょうか?もし自分が買い手だとしたら購入したいと思う物件になっていますでしょうか?売れていない方に共通しているのが、物件の掃除ができていない事が挙げられます。水回りはキレイでしょうか?それぞれの部屋はしっかりと片付けて整理されていますでしょうか?

もう一度確認してみることをオススメします。住みながら売却している場合、難しい事もありますが、出来る限りすっきりと見えるようにすべきで、物で溢れ返っている状態にならないようにしたいところです。

できる範囲は限られますが、もし壁紙が汚れて印象が悪い場合は、壁紙のみ張り替えることも可能です。不動産業者経由で頼むと高くなりますが、直接探せば比較的安価でクロス(壁紙)交換できる業者もあります。

売却すると言う事は、もし住んでいるいるとしても商品ですので、買い手に良い印象を与えるようにしなければ売れません。自分でわからない場合は友人でも親戚でもいいので客観的に見てもらうなどした方が良いでしょう。

内覧時の売主の対応が悪い

売れない理由の一つとして内覧時の売主対応が原因の場合があります。心あたりがあるかはわかりませんが、売主の中にはせっかく内覧にきている方に対してしっかりとした対応をしておらず損している事があります。売却するのはマンションですが、売主と買主の相性も大事です。売主に対して悪い印象を持った場合、購入した後にトラブルになるかも。。。など買主はいらない心配をしてしまいます。

内覧に来ている人は、物件資料を見て気になる物件の一つとして候補となっている訳で、売主にとっても見込み客となるので、しっかりと接する必要があります。ぶっきらぼうで無表情よりは、ニコニコしている売主の方が印象よいですよね?気をつけておくべきです。

価格が高い可能性

売り出し価格が高くなっていませんか?査定してもらった価格で売り出しを開始したとしても、査定額自体が高い場合もありますので、近隣の相場や売りに出ているマンションの価格を参考にして売り出し価格を決めないといけません。例えばですが、同一エリア現在の相場が3500万円だとします。自分のマンションの売り出し価格が3700万円だとすると、買主はどうしても高く感じてしまい、候補から外れてしまいます。

中には、その価格でも購入したい希望者はいるかもしれませんが、その場合は、そういった人に物件情報が届くように戦略を練らなければ無理です。

買主にとって価格は重要な部分ですし、ローンの関係もあり予算も決まっていますので、高すぎる物件の場合購入したいと思いません。相場を把握した上で探しているので、高すぎる場合は市場に合わせる必要があります。

同一マンション内の物件が売られている

媒介契約を結んでいる不動産会社が気が付くべきですが、同一マンション内で売りに出ている場合、階や間取りにもよりますが、比較されてしまいます。同じ価格であれば検討すると思いますが、自分のマンションの価格よりも低く売り出している場合、価格が低い方に流れてしまいます。この場合、価格競争になってしまうため、もし納得できない価格まで下げる必要があるなら、一旦他の物件が売れるまで待ったりするのも方法の一つです。また同じマンションで売りにでていると、大手ポータルサイトなどで、同じマンションがズラッと並んだりなど、売れていない印象を与える場合があるので、こまめにチェックしておく必要があります。同一マンションはどうしても比較しやすい為、気をつけておかなければいけません。

不動産会社が売ろうとしていない

仲介契約を結んでいるのに不動産会社が売ろうしないなんてありえるの?と思うかもしれませんが、不動産会社によっては有り得ます。例えば、他に売りたい物件があり、その物件を引き立てるために利用している事があります。まわし物件と言うのですが、引き立て役になっているため、他の物件が良い物件に見えるので、なかなか売れません。また両手仲介と言って、売主と買主両方から仲介手数料を貰うために、他社から問い合わせが来てもうまくごまかし、自社で買主を見つけようとする業者もいます。時間もかかりますし、高く買ってくれる買主がいたかもしれないのに、自社の利益を重視するあまりチャンスを逃す事に繋がります。

また、最終的に値下げすれば売れるだろうと考え、ほとんど営業活動をせずに時間の経過を待っている業者もいます。売主もいつまでになど売却期限があると最終的に値下げに応じるしかなくなる状況になってしますので、時間に余裕を持った売却をオススメします。不動産会社の動きには注意が必要です。

マイナス面をカバーする意識が足りない

売却予定のマンションがマイナス面が一つもないという事はないですよね?どこかしら欠点はあるはずですので、その欠点をどのようにカバーしていくかが重要となります。欠点が目立てば買いたくないと思うのは当然ですが、一工夫することで欠点を補えたら購入に動くかもしれませんよね。

例えばですが、近くに墓地がある場合、普通だったら墓地があるのはマイナスに働きますが、その墓地があるおかげで高い建物が建って日当たりが悪くなる心配をせずにすみますよね!以前同じように2斜線の道路沿いに建つマンションがあったのですが、普通であれば道路に近いマンションは嫌という人が多いのでマイナスと捉えられるのですが、マンションと道路の間に駐車場と駐輪場のスペースがあったため、向かいにマンションが建った場合でも日当たりを確保できるという風にマイナス面を違うプラス面と捉えることで売れた不動産があったりしました。

西日を嫌がる人も多いですが、西日は朝、午前中涼しいなど利点もありますし、マイナス面をカバーする意識さえあれば、捉え方を変えるだけでも売れる方向に進むと思います。

建物以外で売れない理由があるなら改善は可能

建物は事態は動かすことができませんので、マイナス面があったとしても改善が難しいのですが、建物以外の理由であれば、改善することは可能ですし、むしろ当たり前のようにやらないと不動産を売る事は難しいです。購入時は新築など選択肢がそれ程多くなかったと思いますが、中古物件の売却はライバルとなる不動産が沢山ありますので、買主からすると沢山ある中から選ぶことになります。購入よりも売る方が本当に難しいんです。どうやって差別化して購入希望者に情報を伝えられるかがとても重要ですので最低限できる事はしておかないと、納得できない価格まで値下げして売却することになってしまいます。

持ち家が売れない時に参考になりサイト

スーモが運営する不動産売却Q&Aが参考になります。売れない原因は様々ですので状況によってアドバイスは異なるはずです。SUUMOのQ&Aは実際に不動産会社の方が相談に質問に回答しているので、参考になるアドバイスがあるかもしれません。参考にしてみてください。→参考:Q:持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
また、家を高く売る為の7つのポイントが詳しく紹介されている→「家を売るなら損はしたくない!」も参考になります。高く売る為の方法を知っておくことは売れない物件にしない事にも繋がります。